イベントアルバム

JCS年忘れ忘年会開催

2015年の活動を締めくくる恒例のJCS年忘れ忘年会を、12月6日(日)、市内サーキュラーキーにある日本レストラン「北海道」にて盛大に催しました。

当日は会員をはじめ、ご家族、お友達など70余名が参加して、楽しいひとときを過ごしました。5時30分の受付開始前から来られる方も多く、皆さん開宴の6時を待ちきれない様子でした。

忘年会は、水越会長の開会の挨拶に始まり、続いて、来賓の在シドニー日本国総領事館 宮川首席領事、およびNSW州の民族語学校連合の会長代理 Lucia Tavares-Johnsさんから挨拶を頂きました。また、乾杯の音頭をシドニー日本商工会議所の卯滝会頭にお願いし、忘年会の幕が落とされました。

 会長挨拶 宮川首席領事 FCLS副会長 卯滝会頭
(左から)水越JCS会長、宮川首席領事、Tavares-Johns FCLS副会長、卯滝日本商工会議所会頭

今年の忘年会は新しい試みとして、今年1年間のJCSの活動を紹介するスライドショーを上映しました。また、エンターテインメントとして、おなじみのQP☆Honey!さんによる懐かしの歌の披露があり、参加者の皆さんも一緒にハミングしたり手拍子をするなど、大いに盛り上がりました。

スライド上映  QPハニー
スライドショーとQP☆Honey!

お待ちかねのラッフル抽選では、特別賞品の抽選に皆さんワクワクドキドキの時間を楽しみました。ラッキーな当選者のみなさん、おめでとうございます。
今年も多くの企業、個人の皆さんからラッフル賞品をご寄贈頂きました。ありがとうございます。

ラッフル賞品寄贈社・者名
Colotako
JFC Australia Co Pty Ltd
Konica Minolta Business Solutions Australia Pty Ltd
Kumamoto City Tourism Section
Marubeni Australia Ltd
Mitsui & Co (Australia) Ltd
National Maritime Museum
Pentel (Australia) Pty Ltd
Ryokan Gojyuan
Shoroku Japanese Restaurant
Tokyo Mart
E. Joannes
Y. Mizukoshi

その後のテーブル対抗トリビアクイズの時間では、みなさん真剣に頭を使い、ああでもないこうでもないと各テーブルで答えを言い合う姿が見られました。見事優勝を果たしたのは親睦の会の皆さんのテーブルでした。おめでとうございます。

トリビアクイズ  親睦の会
トリビアクイズの模様と、親睦の会の皆さん

忘年会の最後は竹内夫妻による社交ダンスワークショップです。会場の皆さんからご夫婦の方はもちろん、男女のカップルに参加してもらい、皆で輪になって踊るという趣向です。その場で初めて教えられた振り付けにも関わらず、皆さんすぐにステップを覚えられて、曲に合わせて踊ることができたようです。

ダンス4 ダンス3 ダンス2 ダンス1
皆さん懸命にステップを踏んで、楽しみました

宴もたけなわの9時過ぎにお開きということになり、水野相談役の閉会の挨拶と1本締めにより、今年のJCSの活動の最後が締められました。

閉会の挨拶  役員
水野相談役の閉会の挨拶、忘年会の運営に大活躍の役員です

今年1年ご苦労様でした。2016年もよろしくお願いします。

Matsuri in Sydney 2015大盛況!

2015年11月7日(土)にシドニー市内Palm Grove, Darling Harbourで開催された、恒例の祭りインシドニーは、多くの観客が訪れて大盛況でした。

シドニー日本クラブもブースを出展して、浴衣の販売や金魚すくいを行ない、また、祭りのワークショップを担当して、習字や折り紙のアシストをしました。祭り本部も担当し、インフォメーション案内や拾得物の管理、祭りのアンケート実施など、役員や会員が祭りの成功に向けて朝早くから夜遅くまで、運営に精出してくれました。

祭りは朝から晴天に恵まれ多くの観客が足を運んでくれました。夕方一時的に雨が降り心配しましたが、小降りになると再び多くの方がステージ前に集まるなど、祭りの人気が窺われました。

今年はいつもの会場が工事中のため小さな広場が会場となりましたが、来年は改修された新Tumbalong Parkで12月10日(土)に開催予定です。ぜひ、多くの方が参加されるようお声がけ下さい。

DSCF8078 DSCF7041
Kingyo Origami
Calligraphy MC
DSCF0040 DSC_0515-3204A5362 DSCF0339
DSCF0535 Yukata

「カウラ桜まつりバスツアー」参加報告

去る9月26日(土)と27日(日)、日本人会主催の「カウラ桜まつりバスツアー」に参加し、「桜まつり」の最終日の行事である戦没者墓地での式典「ServiceofRespect/慰霊祭」に参列してきました。
カウラは、シドニーからブルーマウンテンの先、約300キロの地点に位置しています。第二次世界大戦終了直前の1944年8月5日、ここカウラでは、日本人捕虜500名以上の集団大脱走事件があり、その際に犠牲になった兵士たち235名(日本兵231名、オーストラリア兵4名)の墓地があります。この事件をカウラブレークアウトと称し、毎年8月5日と桜のシーズンの9月末には、慰霊祭が催されます。

ここカウラの地元自治体は、オーストラリア最大の 日本庭園を造り、桜植樹をするなど大変親日的で、毎年の慰霊祭を含めた桜まつりの開催や、日本兵捕虜らに敬意を表して墓地を作り、それをこれまで71年間に渡り見守って下さっています。
式典では、JCSを代表して、桝谷亨日本人会会長と 卯滝勝商工会議所会頭とともに献花をさせて頂きました。日本人墓地では浄土真宗本願寺派オーストラリア開教事務所の渡部開教使による毎年恒例の読経の後、天台宗僧侶たちの読経、琵琶奉納演奏が執り行われ、最後に参加者全員が順にお焼香を行いました。

盛況裡にウィロビー日本祭り開催!

9月12日(土)チャツウッドモールでシドニー北部郊 外では初めての「日本の祭り」がJCS主催で盛大に開 催されました。
まず、ウィロビー市のゲイル市 長をはじめ、在シドニー日本国総領事館宮川首席、チョーカーJCS 前会長(水越会長代理)が出席してオープニングセレモニーが行われ、鏡割りで祭りが開会しました。開会式の後にゲイル市長と宮川首席にはお茶を楽しんでいただきました。参加なさったゲイル市長は「この一角には違う時間が流れている、静けさ、和やかさ、素晴らしい日本の文化体験をさせてもらって感謝しています」とお話しされていました。
まずは観客を呼び込む、和太鼓りんどうの太鼓演 奏。素晴らしいシドニーの青空のもと太鼓の音に誘われてたくさんの観客が集まりました。
司会進行をはじめ、祭りの運営には地元のチャツウッド高校とウイロビー女子高校から学生たちがボランティアとして参加。
日本語と英語を使いこなす日系二世の学生たちの活躍は頼もしく、しっかりとステージ進行をこなしてくれました。パフォーマンスは着物ショーあり、コスプレバンドあり、おなじみのJCSシドニーソーラン踊り隊も参加し、 詰めかけた観客の皆さんは各種のステージショーを楽しんでいました。
もちろん祭りには無くてはならない食べ物屋台、 お昼時には長い行列ができて、日本のお祭りフードの数々を集まった皆さんは楽しんでいました。
JCSでは今後も、シドニー各地でこのような「日本の祭り」を企画・開催していきます。なお、来月7日(土)は、恒例のダーリングハーバーでの日本の祭りです!場所はこれまでのTumbalong Parkが工事中のため、Palm Groveです。ご家族連れでお越しください。

7月4日(土)JCSフェイト開催

快晴の7月4日(土)、オーバンのピクニックエリアに、日本語学校の生徒&保護者、親睦の会の皆さんを中心に、300人以上が参加して恒例の七夕フェイトが催されました。

会場には、食べ物や小物などを売るマーケットが立ち並び、大いに賑わいました。水越会長の挨拶で始まったフェイトは、ラジオ体操、玉入れ、綱引き、チアリーディングチームのパフォーマンス、エプロンシアター、親睦の会による紙芝居、ビンゴ大会、ソーラン踊り隊の踊り、等々のアクティビティ、そして特に今年のフェイトには、祭りでおなじみのQP☆Honey!のパフォーマンスもあり、皆さんが楽しめる楽しい一日となりました。

ボランティアをして下さった理事、会員の皆さん、出店された皆さん、本当にお疲れ様でした。ビンゴ大会に賞品を寄贈して下さった皆様も、本当にありがとうございました。

BingoPrize IMG_2882 IMG_2903 IMG_2925 IMG_2935 IMG_2940 IMG_2949 IMG_2956 IMG_2963 IMG_2964 IMG_2966 IMG_2978

JCSフェイト開催

一点の曇りもなく晴れ渡った7月12日、恒例となったオーバンのピクニックエリアに日本語学校の生徒&保護者、親睦の会の皆さんを中心に、200人以上の皆さんが参加して今年度のフェイトが行われました。

CIMG9214 CIMG9216 CIMG9219 CIMG9220 CIMG9224 CIMG9226 CIMG9230 CIMG9232 CIMG9239 CIMG9241 DSC01899 IMG_2414 IMG_2416 写真 2

会場内には、食べ物や小物などを売るマーケットも20店近く立ち並び賑わいました。11時にチョーカー会長の挨拶で幕が落とされ、ラジオ体操、日本語学校校歌の斉唱、ソーラン踊り隊の踊り、紙芝居、玉入れ、綱引き、エプロンシアター、パネルシアター、ビンゴ大会、等々のアクティビティや、裏千家によるお茶席も終日続き、皆が楽しめる楽しい一日となりました。ボランティアをして下さった理事、会員の皆さん、お店を出して下さった皆さん、本当にお疲れ様でした。ビンゴへの賞品を寄贈して下さった皆様も、本当にありがとうございました。

[ビンゴ賞品寄贈社・個人リスト]ご協力ありがとうございました。
アイム・アングス/手編みマフラー、コサージュ
アイ・ラッシュ/まつ毛のエクステンションバウチャー
奥山裕子/掛軸
美容室Cutlounge/椿オイル(10)
澤崎 豊/陶器
JFC/ラムネジャンボサイズ(60本)、ブラックティーラテ(24本)
J-TOP/カルピスウォーター(24本)
ドラゴン・ボーイ「ドラゴン・ボーイ」お食事券「新鮮野菜うどん・温玉つき」(10枚)
とらや/「とらや」お食事券(50ドル相当)
パリ・ミキ/サングラス(ケース付)男女兼用(2)+女性用(3)、Tシャツ(2)
Hogs Breath Cafe/「Hogs Breath Cafe」お食事券(25ドル相当)(2)
ユニクロ/ウルトラ・ライト・ダウン、カットソー、ヒートテック、ソックス(2)
ルミナスK/プラセンタ使用アンチエイジング美白トライアル化粧品セット(4)
RENCLUB書道教室/書道教室トライアルバウチャー(4枚)

晴天に恵まれ、カウラ桜ツアーを催行

9月22日・23日の両日、毎年恒例の「カウラ桜ツアー」(主催:シドニー日本人会文化委員会)が催行され、日本から参加の4名を含む、総勢40名が、桜が満開のカウラを訪れました。

一行は22日(土)朝にシドニーを出発し、途中、オレンジ市のワイナリーを訪れてワインテイスティングを楽しみ、この日はバサーストのホテルに宿泊し、夜の懇親会で交流を深めました。
翌、23日(日)は早朝にホテルを出発してカウラに向かい、まずカウラの捕虜収容所跡地を見学し、その後、カウラ戦没者墓地にて慰霊祭に参列しました。
午前9時30分から、まずオーストラリアの戦没者墓地にて、引き続き日本人墓地にて、慰霊式典が行われました。
日本側からは、小原総領事、伊藤拓也防衛駐在官、櫻田武也商工会議所会頭、伊藤令シドニー日本人会会長、水越有史郎シドニー日本クラブ副会長、荒了寛天台宗米国ハワイ開教総長、黒住忠親黒住教本部公室長、鈴木久美子カウラ日本庭園名誉文化顧問らが
代表して、献花を行いました。

式典後は日本庭園にてBBQランチを頂き、和太鼓演奏のエンターテインメントや、満開の桜をはじめ庭園内の樹々を鑑賞し、参加者との交流・歓談を楽しみました。
午後は帰路につき、一行を乗せたバスは事故もなく無事、6時過ぎにシドニーに到着し、晴天に恵まれたツアーを参加者一同、大いに楽しんだツアーとなりました。

JCS七夕フェイトを開催!

7月7日(土)、Auburn Community Picnic Areaにて、恒例のJCSフェイトを開催しました。当日は、家族連れの会員多数が集まり、食べ物屋台や玉入れ、綱引きなどを楽しみました。途中、小雨が降るというお天気でしたが、おおむね晴れ間の下でのフェイトとなり、最後まで参加者の皆さんは楽しんでおられました。

3月はゴールドコーストに遠征します!

*2月15日(水)、ピアモントのDoltone Houseで「Japan Endless Discovery Through Sake」が開催されました。日本の美しさと日本酒の素晴らしさを知ってもらうイベントですが、ソーラン踊り隊も出演して、日本をアピールしてきました。(写真)

*2月25日(土)には、日豪交流プログラムのJENESYS参加者の同窓会ピクニックが、セントラル駅横のPrince Alfred Parkで催され、踊ってきました。参加者の皆さんは日本が大好きで、日本のソーラン踊りを見るのをとても楽しみにしているということで、一緒に踊って大いに盛り上がりました。

*また、3月11日(日)には、日本の震災一周年ということで復興祈念祭が、サーキュラーキー横のFirst Fleet Parkで催されます。今後の日本の復興を祈って、力強いよさこいソーランの踊りで元気づけようと思います。

*17・18日の週末は、ゴールドコーストのJapan & Friends Dayに参加して踊ってきます。日本からよさこいソーランのチームが参加しますので、私たちもよい刺激を受けてきます。

入会のご案内

シドニーソーラン踊り隊では毎週3カ所で練習を行っています。是非、ご参加ください。
①Cammeray Public School 毎週土曜日2時〜3時
②シドニー市内でも初心者の若者を中心に練習しています。参加ご希望の方は、平岡正美(0406-511-221 Email:[email protected])までご連絡ください。

ソーラン踊り隊がSydney Multicultural Festivalに参加

毎年2月にマンリーヴェールで開催される「The Sydney Multicultural Festival」が、今年は2月25日(金)・26日(土)・27日(日)の3日間、盛大に催されました。このフェスティバルには、シドニーの各エスニックグループが、エンターテインメントや音楽、踊り、食べ物などで参加するというもので、2010年は30カ国の民族グループが参加し、2万人の観客が集いました。
JCSのシドニーソーラン踊り隊も、毎年、このお祭りに招待され、参加してきましたが、今年は和太鼓グループの「りんどう」さんと一緒に参加し、太鼓の演奏と踊りで日本の文化を披露し、おおくの観客から絶賛を浴びました。

Pages: 1 2 Next