保坂氏とレインボープロジェクト、祭りが総領事表彰を受賞!

在シドニー日本国総領事館では、今年2016年が、1976年に日豪間で署名された「日豪友好協力基本条約」から40年を迎えることから、条約署名40周年を記念して、日本文化の普及、日本語の指導及び日豪交流の促進等の分野において長年にわたり貢献されている個人・団体の功績を称え、総領事表彰を授与することになり、このほど授与式が、7月15日(金)、総領事公邸にて行なわれました。

シドニー日本クラブからは、創立者で初代会長の保坂佳秀氏とJCSレインボープロジェクトが表彰されました。また、JCSとして長年、その運営と開催に中心的に関わってきたMatsuri in Sydneyも表彰され、授与式にはJCSの理事を含め関係者が多数参加しました。

高岡総領事は、「日本文化の普及に情熱を持って努められている皆さんの活動に敬意を表します」と語られ、各氏・団体の功績を称えて一人ひとりに表彰状を授与され、参加者とともにその活動を称えられました。

この総領事表彰は、日本とオーストラリアの相互理解の促進及び親善の深化に大きく貢献された個人及び団体について、その功績を称えることを目的としたもので、これまでに多くの在豪日本人やオーストラリア人が表彰されています。JCSでは宮下義夫元会長、チョーカー和子前会長も受賞されています。

保坂夫妻 保坂氏とシドニー日本クラブの皆さん
高岡総領事と保坂夫妻(左)保坂夫妻を囲むJCS理事らと総領事

JCSレインボープロジェクト
JCSレインボープロジェクトの皆さん

Matsuri in Sydney Inc
祭りの運営委員の皆さん

授賞者の皆さん
高岡総領事と授賞者の皆さん

以下は、総領事館より発表された今回の受賞者と受賞理由です。

1.個人
(1)尾辻恵美(シドニー工科大学シニア・レクチャラー)
2002年からシドニー工科大学において日本語の指導及び多言語文化教育を研究されている。また、JETプログラムの面接官としての役割をはじめ同プログラムの推進に協力されている。
(2)中野邦子(小原流シドニー支部教師)
1992年から約25年間に亘りシドニーを拠点に生け花の普及に貢献されている。また、流派を超えて活動され、広く生け花に触れる機会を提供されている。
(3)ファーズ・みどり(折り紙アーティスト)
2010年からシドニーを中心に折り紙に関する様々なイベントを主催され、オーストラリアにおける折り紙の普及に貢献されている。
(4)保坂佳秀(シドニー日本クラブ初代会長)
1983年にシドニー日本クラブを創設され、初代会長としてシドニーの日本人コミュニティの発展に貢献された。
(5)ジェラルド・マクドナルド(鯉ソサエティ・オーストラリア会長)
1995年より鯉ソサエティ・オーストラリアの活動に参加され、長年に亘りオーストラリアでの錦鯉の普及に貢献されている。
(6)矢野仁(書家)
1996年より、シドニーを拠点に書道に関する様々な活動を通じて書道の普及に貢献されている。
(7)ロウィーナ・ウォード(ウロンゴン大学シニア・レクチャラー)
2008年より、ウロンゴン大学において日本語の指導をされている。また、作文コンテストの審査員及びJETプログラムの面接官等をはじめとしてオーストラリア人学生の対日関心の増進に協力されている。

2.団体(50音順)
(1)JCSレインボープロジェクト
2011年に東日本大震災の被災児童の支援を目的に設立され、被災児童をシドニーに招待する交流プログラムやチャリティーイベントを実施されている。
(2)NSW JET Alumni Association
JETプログラム参加者で結成され、約30年間に亘り、同プログラムの募集・面接などでの協力、また、その他様々な日豪交流イベントを開催されている。
(3)Matsuri in Sydney Inc.
2006年より、10年間に亘り毎年、日豪市民の交流の場、日本文化紹介の場として、「祭り(2011年以降は「Matsuri in Sydney」)を開催されている。
(4)和太鼓りんどうシドニー支部
2009年に設立されて以来、シドニーを拠点に様々なイベントに参加され、和太鼓の普及に貢献されている。

JCS七夕フェイト盛大に開催!

2016年7月2日(土)に開催された恒例の「JCS七夕フェイト」は、参加者多数で大盛況でした!

今年はJCS本部やJCS日本語学校の出店も含めて合計15店舗が、食べ物をはじめ、古本、手作り石鹸、和風小物、浴衣、子供服、化粧品、ゲーム、ガレージセールまで、バラエティに富んだ内容で出店され、お客様を楽しませてくれました。

おなじみとなった、チアリーディングやよさこいソーラン、QP☆ハニーのパフォーマンスもフェイトを大いに盛り上げてくれました。最後は子どもから大人まで真剣に力の入った綱引きで幕となりました。また来年のフェイトでお会いしましょう。

IMG_1367 IMG_1354
IMG_1314 (1) IMG_1317
IMG_1348 IMG_1370
IMG_1362 IMG_1333
IMG_1107 IMG_1105

JCS七夕フェイトのお知らせ

毎年恒例のシドニー日本クラブ(JCS)主催の七夕フェイトが、7月2日(土)にオーバーンのAuburn Community Picnic Areaにて開催されます。

今年もソーセージシズルやたこ焼きをはじめ、各種食べ物屋台のほか、紙芝居・玉入れ・綱引きなど、催し物やアクティビティが目白押しです。ぜひ、ご家族やお友達とお誘い合わせのうえ、お気軽にご参加ください。

フェイトでのストール出店募集中!

食べ物や飲み物のほか、和風小物、古本、ゲームなどOKです。食べ物は重複を避けるため、事務局で調整いたします。出店費用など詳細はJCS事務局までお問い合わせください。

日時:2016年7月2日(土) 11:00〜15:00
場所:Auburn Community Picnic Area(入口はKilleen Streetから)
申込:JCS事務局(jcs@japanclubofsydney.org または、0421-776-052まで)

Flyer English
JCS Fete En leaflet
Flyer Japanese
JCS Fete Leaflet (2)

IMG_2882 IMG_2949
IMG_2937 IMG_2956

東日本大震災5周年復興支援イベント

①東日本大震災追悼式典

最新ポスター

日時:2016年3月11日(金)午後4時スタート
会場:St Matthews Church (1 Darley Street, Manly)
入場無料
*3月11日4時46分(日本時間2時46分)の震災発生時に、東北被災地の追悼式典とシドニーをライブ映像で繋ぎながらの黙祷
*ジュリア・ギラード元首相の今回のイベントに向けたビデオメッセージ映写
*東北大学の被災学生による、災害レスキュー隊への表彰とスピーチ
*国連防災世界会議でスピーチを行った、福島県大熊町出身の福島大学生二人によるスピーチ
*福島県浪江町の伝統指定工芸品「大堀相馬焼き」の再興に奮闘する、窯元4代目松永武士氏のスピーチ
*被災地で支援活動を続け、全豪コンクールで一位に輝いた日本在住バイオリニスト石川綾子氏によるライブ演奏
*書家れん氏による書のパフォーマンス
*和太鼓演奏
*被災地写真展

②東日本大震災復興支援コンサート

日時:2016年3月12日(土)午前10時スタート
会場:St Matthews Church (1 Darley Street, Manly)
入場料:大人20ドル、14歳以下無料(JCS会員は15ドル)
*シドニー在住の沢山の日本人パフォーマーによる日本伝統芸能の披露(和太鼓、雅楽、日本舞踊、琴、尺八、詩吟、空手、合唱、他にも多数)
*日本国内外で超人気アニメ「ポケモン」主題歌を歌い、さとしの声優である松本梨香氏によるミニコンサート
*書家れん氏による書道デモンストレーション披露
*ジュリア・ギラード元首相の今回のイベントに向けたビデオメッセージ映写
*被災地で支援活動を続け、全豪コンクールで一位に輝いた日本在住バイオリニスト石川綾子氏によるライブ演奏
*コスプレコンテスト決勝
*被災地写真展

※3月12日(土)は、教会周辺のCorso遊歩道にて、参加無料の催しも開催
*被災地伝統工芸品の展示販売
*着物体験コーナー(有料)
*コスプレコンテスト
*ステージでのパフォーマンス(よさこいソーラン踊り、キッズチアリーディング、盆踊り、ヒップホップ、バンド演奏、ヨーヨー 他にも多数)
*お子様用の日本伝統遊び体験コーナー(習字、折り紙、お手玉、けん玉、百人一首他)
*被災地写真展

主催:JCSレインボープロジェクト / シドニー日本クラブ(JCS)
後援:在シドニー日本国総領事館、シドニー日本人会、シドニー日本商工会議所
協賛:CFMEU、国際交流基金シドニー日本文化センター、JAL、福島大学、東北大学、NSW大学美術部、ART LAB、Phiten、福島会、東京マート、Cube It、Mamasan Market他多数

イベントホームページ:www.tohoku2016.com
イベントFacebook:https://www.facebook.com/events/916441931773977/
お申込みとお問い合わせ:tohoku2016@gmail.com
*イベントの収益は経費を除いてJCSレインボープロジェクトに全額寄付され、東日本大震災により被災した児童支援保養プログラムに使われます。
http://jcsrainbow.com/

新年の挨拶

高岡総領事
シドニー日本クラブ名誉会長
在シドニー日本国総領事 高岡 正人

新年明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

さて、2015年を振り返ると、多くのことがありました。直近では、マルコム・ターンブル首相が、ニュージーランドに次ぐ2カ国目の単独外遊先として日本を訪問しました。安倍総理との首脳会談では、日豪間の特別な戦略的パートナーシップが再確認されました。ここNSW州との間においても、5月にベアード州首相が、選挙後初の公式海外訪問として訪日し、東京都との間で覚書きを締結する等、関係は一層緊密化しています。経済面でも、1月に日豪EPAが発効され、さらに10月には環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の大筋合意と、両国間の経済関係は一層深まりました。他にも、11月の名古屋市・シドニー市間の姉妹都市関係35周年記念行事をはじめ、姉妹都市関係等の行事が盛んに行われましたし、12月には全日本空輸(株)による羽田・シドニー線が新たに就航し、日豪間の人的交流が一層活発化していくことが期待されます。

11月には、ダーリング・ハーバーで毎年恒例の「祭りin Sydney」が開催されました。当日は、大変盛況で、日本のあらゆる魅力を多くの来場者に堪能して頂けたのではないでしょうか。これはJCSの皆様をはじめ当地に在住されている関係者の活発な活動の賜物です。皆様の日頃からの日豪交流へのご貢献に対して、この場を借りまして、改めて感謝と敬意を表したいと思います。

NSW州の日本人コミュニティーは3万人を超え、多文化主義を推進するオーストラリアでも大きな存在です。在シドニー日本国総領事館としても、これからも当地において、日豪の友好関係をさらに強化させ、また日本の存在感を高めていければと思いますので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

最後に、新年が日本クラブの皆様にとって実り多き年となるよう、また、日豪両国にとって更なる発展の年となることを願いつつ、年初のご挨拶とさせていただきます。

Mizukoshi_2016
シドニー日本クラブ会長
水越有史郎

明けましておめでとうございます。
今年も会員の皆様が元気で毎日を有意義に過ごされることを願っています。

シドニー日本クラブ(JCS)は、多くの日本人が住むシドニーの日本人コミュニティ団体として、期待に応えられる活動を引き続き行っていきたいと思います。

2015年は、戦後70周年を迎え、またオーストラリアでは第一次世界大戦時のガリポリ上陸100周年でもあることから、さまざまなイベントやセミナー、展示会などで戦後を振り返る機会が多くありました。

ご存知のようにオーストラリアにおける日本人の移住史は、明治時代の木曜島やブルームでの真珠採取ダイバーや、クイーンズランド州のサトウキビ農園の労働者に始まります。その後、白豪主義の台頭や戦争により中断してしまいますが、戦後再び、商社の駐在員や日本に駐留した英連邦軍の軍人・軍属との結婚により移住された日本人女性により、日本人の移住史が再開されます。

2015年の年頭の挨拶では、オーストラリアの日本人移住史を振り返り、シドニーに暮らす日本人として先達の苦闘に思いを馳せ、二世、三世の子どもたちに日本語をはじめ、日本の文化や伝統をどう継承していくのか、会員の皆さんとともに考えていきたいと述べましたが、昨年はチャッツウッドでの初の祭りの開催や、新しい日本語学校の開校など、大きく活動した年となりました。

今年もJCSでは、継承語教育を行なう日本語学校の運営をはじめ、親睦の会やコミュニティーネットが提供する高齢者サービス、踊りを通じて広くオーストラリア人に日本を印象づけるソーラン踊り隊のパフォーマンス、会の大事な目的のひとつであるチャリティー活動を担うレインボープロジェクトなどの活動を展開していきます。
特に2016年は、3.11の東日本大震災から5年目を迎えることから、JCSレインボープロジェクトによる、これまでよりも大きな祈念イベントを3月11・12日に予定しています。
もちろん、毎年恒例の七夕フェイトや忘年会、祭りの参加と、会員をはじめご家族、お友達を誘っての楽しい催しも、行なっていきます。

シドニーで最大の日系コミュニティ団体として、会員相互の親睦団体の枠を超えて、オーストラリア社会に根を下ろすエスニックコミュニティーとして、さらに大きく飛躍する団体でありたいと思います。そのためには会員の皆さんのご協力が欠かせません。積極的に会に働きかけて、皆さんとともに楽しい会を作っていきましょう。

2016年も、あせらず、怒らず、くよくよせずに、楽しく、笑って、頑張りすぎないようにしましょう。

高岡総領事
シドニー日本クラブ名誉会長
在シドニー日本国総領事 高岡 正人

新年明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

さて、2015年を振り返ると、多くのことがありました。直近では、マルコム・ターンブル首相が、ニュージーランドに次ぐ2カ国目の単独外遊先として日本を訪問しました。安倍総理との首脳会談では、日豪間の特別な戦略的パートナーシップが再確認されました。ここNSW州との間においても、5月にベアード州首相が、選挙後初の公式海外訪問として訪日し、東京都との間で覚書きを締結する等、関係は一層緊密化しています。経済面でも、1月に日豪EPAが発効され、さらに10月には環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の大筋合意と、両国間の経済関係は一層深まりました。他にも、11月の名古屋市・シドニー市間の姉妹都市関係35周年記念行事をはじめ、姉妹都市関係等の行事が盛んに行われましたし、12月には全日本空輸(株)による羽田・シドニー線が新たに就航し、日豪間の人的交流が一層活発化していくことが期待されます。

11月には、ダーリング・ハーバーで毎年恒例の「祭りin Sydney」が開催されました。当日は、大変盛況で、日本のあらゆる魅力を多くの来場者に堪能して頂けたのではないでしょうか。これはJCSの皆様をはじめ当地に在住されている関係者の活発な活動の賜物です。皆様の日頃からの日豪交流へのご貢献に対して、この場を借りまして、改めて感謝と敬意を表したいと思います。

NSW州の日本人コミュニティーは3万人を超え、多文化主義を推進するオーストラリアでも大きな存在です。在シドニー日本国総領事館としても、これからも当地において、日豪の友好関係をさらに強化させ、また日本の存在感を高めていければと思いますので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

最後に、新年が日本クラブの皆様にとって実り多き年となるよう、また、日豪両国にとって更なる発展の年となることを願いつつ、年初のご挨拶とさせていただきます。

Mizukoshi_2016
シドニー日本クラブ会長
水越有史郎

明けましておめでとうございます。
今年も会員の皆様が元気で毎日を有意義に過ごされることを願っています。

シドニー日本クラブ(JCS)は、多くの日本人が住むシドニーの日本人コミュニティ団体として、期待に応えられる活動を引き続き行っていきたいと思います。

2015年は、戦後70周年を迎え、またオーストラリアでは第一次世界大戦時のガリポリ上陸100周年でもあることから、さまざまなイベントやセミナー、展示会などで戦後を振り返る機会が多くありました。

ご存知のようにオーストラリアにおける日本人の移住史は、明治時代の木曜島やブルームでの真珠採取ダイバーや、クイーンズランド州のサトウキビ農園の労働者に始まります。その後、白豪主義の台頭や戦争により中断してしまいますが、戦後再び、商社の駐在員や日本に駐留した英連邦軍の軍人・軍属との結婚により移住された日本人女性により、日本人の移住史が再開されます。

2015年の年頭の挨拶では、オーストラリアの日本人移住史を振り返り、シドニーに暮らす日本人として先達の苦闘に思いを馳せ、二世、三世の子どもたちに日本語をはじめ、日本の文化や伝統をどう継承していくのか、会員の皆さんとともに考えていきたいと述べましたが、昨年はチャッツウッドでの初の祭りの開催や、新しい日本語学校の開校など、大きく活動した年となりました。

今年もJCSでは、継承語教育を行なう日本語学校の運営をはじめ、親睦の会やコミュニティーネットが提供する高齢者サービス、踊りを通じて広くオーストラリア人に日本を印象づけるソーラン踊り隊のパフォーマンス、会の大事な目的のひとつであるチャリティー活動を担うレインボープロジェクトなどの活動を展開していきます。
特に2016年は、3.11の東日本大震災から5年目を迎えることから、JCSレインボープロジェクトによる、これまでよりも大きな祈念イベントを3月11・12日に予定しています。
もちろん、毎年恒例の七夕フェイトや忘年会、祭りの参加と、会員をはじめご家族、お友達を誘っての楽しい催しも、行なっていきます。

シドニーで最大の日系コミュニティ団体として、会員相互の親睦団体の枠を超えて、オーストラリア社会に根を下ろすエスニックコミュニティーとして、さらに大きく飛躍する団体でありたいと思います。そのためには会員の皆さんのご協力が欠かせません。積極的に会に働きかけて、皆さんとともに楽しい会を作っていきましょう。

2016年も、あせらず、怒らず、くよくよせずに、楽しく、笑って、頑張りすぎないようにしましょう。

高岡総領事
シドニー日本クラブ名誉会長
在シドニー日本国総領事 高岡 正人

新年明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

さて、2015年を振り返ると、多くのことがありました。直近では、マルコム・ターンブル首相が、ニュージーランドに次ぐ2カ国目の単独外遊先として日本を訪問しました。安倍総理との首脳会談では、日豪間の特別な戦略的パートナーシップが再確認されました。ここNSW州との間においても、5月にベアード州首相が、選挙後初の公式海外訪問として訪日し、東京都との間で覚書きを締結する等、関係は一層緊密化しています。経済面でも、1月に日豪EPAが発効され、さらに10月には環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の大筋合意と、両国間の経済関係は一層深まりました。他にも、11月の名古屋市・シドニー市間の姉妹都市関係35周年記念行事をはじめ、姉妹都市関係等の行事が盛んに行われましたし、12月には全日本空輸(株)による羽田・シドニー線が新たに就航し、日豪間の人的交流が一層活発化していくことが期待されます。

11月には、ダーリング・ハーバーで毎年恒例の「祭りin Sydney」が開催されました。当日は、大変盛況で、日本のあらゆる魅力を多くの来場者に堪能して頂けたのではないでしょうか。これはJCSの皆様をはじめ当地に在住されている関係者の活発な活動の賜物です。皆様の日頃からの日豪交流へのご貢献に対して、この場を借りまして、改めて感謝と敬意を表したいと思います。

NSW州の日本人コミュニティーは3万人を超え、多文化主義を推進するオーストラリアでも大きな存在です。在シドニー日本国総領事館としても、これからも当地において、日豪の友好関係をさらに強化させ、また日本の存在感を高めていければと思いますので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

最後に、新年が日本クラブの皆様にとって実り多き年となるよう、また、日豪両国にとって更なる発展の年となることを願いつつ、年初のご挨拶とさせていただきます。

Mizukoshi_2016
シドニー日本クラブ会長
水越有史郎

明けましておめでとうございます。
今年も会員の皆様が元気で毎日を有意義に過ごされることを願っています。

シドニー日本クラブ(JCS)は、多くの日本人が住むシドニーの日本人コミュニティ団体として、期待に応えられる活動を引き続き行っていきたいと思います。

2015年は、戦後70周年を迎え、またオーストラリアでは第一次世界大戦時のガリポリ上陸100周年でもあることから、さまざまなイベントやセミナー、展示会などで戦後を振り返る機会が多くありました。

ご存知のようにオーストラリアにおける日本人の移住史は、明治時代の木曜島やブルームでの真珠採取ダイバーや、クイーンズランド州のサトウキビ農園の労働者に始まります。その後、白豪主義の台頭や戦争により中断してしまいますが、戦後再び、商社の駐在員や日本に駐留した英連邦軍の軍人・軍属との結婚により移住された日本人女性により、日本人の移住史が再開されます。

2015年の年頭の挨拶では、オーストラリアの日本人移住史を振り返り、シドニーに暮らす日本人として先達の苦闘に思いを馳せ、二世、三世の子どもたちに日本語をはじめ、日本の文化や伝統をどう継承していくのか、会員の皆さんとともに考えていきたいと述べましたが、昨年はチャッツウッドでの初の祭りの開催や、新しい日本語学校の開校など、大きく活動した年となりました。

今年もJCSでは、継承語教育を行なう日本語学校の運営をはじめ、親睦の会やコミュニティーネットが提供する高齢者サービス、踊りを通じて広くオーストラリア人に日本を印象づけるソーラン踊り隊のパフォーマンス、会の大事な目的のひとつであるチャリティー活動を担うレインボープロジェクトなどの活動を展開していきます。
特に2016年は、3.11の東日本大震災から5年目を迎えることから、JCSレインボープロジェクトによる、これまでよりも大きな祈念イベントを3月11・12日に予定しています。
もちろん、毎年恒例の七夕フェイトや忘年会、祭りの参加と、会員をはじめご家族、お友達を誘っての楽しい催しも、行なっていきます。

シドニーで最大の日系コミュニティ団体として、会員相互の親睦団体の枠を超えて、オーストラリア社会に根を下ろすエスニックコミュニティーとして、さらに大きく飛躍する団体でありたいと思います。そのためには会員の皆さんのご協力が欠かせません。積極的に会に働きかけて、皆さんとともに楽しい会を作っていきましょう。

2016年も、あせらず、怒らず、くよくよせずに、楽しく、笑って、頑張りすぎないようにしましょう。

高岡総領事
シドニー日本クラブ名誉会長
在シドニー日本国総領事 高岡 正人

新年明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

さて、2015年を振り返ると、多くのことがありました。直近では、マルコム・ターンブル首相が、ニュージーランドに次ぐ2カ国目の単独外遊先として日本を訪問しました。安倍総理との首脳会談では、日豪間の特別な戦略的パートナーシップが再確認されました。ここNSW州との間においても、5月にベアード州首相が、選挙後初の公式海外訪問として訪日し、東京都との間で覚書きを締結する等、関係は一層緊密化しています。経済面でも、1月に日豪EPAが発効され、さらに10月には環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の大筋合意と、両国間の経済関係は一層深まりました。他にも、11月の名古屋市・シドニー市間の姉妹都市関係35周年記念行事をはじめ、姉妹都市関係等の行事が盛んに行われましたし、12月には全日本空輸(株)による羽田・シドニー線が新たに就航し、日豪間の人的交流が一層活発化していくことが期待されます。

11月には、ダーリング・ハーバーで毎年恒例の「祭りin Sydney」が開催されました。当日は、大変盛況で、日本のあらゆる魅力を多くの来場者に堪能して頂けたのではないでしょうか。これはJCSの皆様をはじめ当地に在住されている関係者の活発な活動の賜物です。皆様の日頃からの日豪交流へのご貢献に対して、この場を借りまして、改めて感謝と敬意を表したいと思います。

NSW州の日本人コミュニティーは3万人を超え、多文化主義を推進するオーストラリアでも大きな存在です。在シドニー日本国総領事館としても、これからも当地において、日豪の友好関係をさらに強化させ、また日本の存在感を高めていければと思いますので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

最後に、新年が日本クラブの皆様にとって実り多き年となるよう、また、日豪両国にとって更なる発展の年となることを願いつつ、年初のご挨拶とさせていただきます。

Mizukoshi_2016
シドニー日本クラブ会長
水越有史郎

明けましておめでとうございます。
今年も会員の皆様が元気で毎日を有意義に過ごされることを願っています。

シドニー日本クラブ(JCS)は、多くの日本人が住むシドニーの日本人コミュニティ団体として、期待に応えられる活動を引き続き行っていきたいと思います。

2015年は、戦後70周年を迎え、またオーストラリアでは第一次世界大戦時のガリポリ上陸100周年でもあることから、さまざまなイベントやセミナー、展示会などで戦後を振り返る機会が多くありました。

ご存知のようにオーストラリアにおける日本人の移住史は、明治時代の木曜島やブルームでの真珠採取ダイバーや、クイーンズランド州のサトウキビ農園の労働者に始まります。その後、白豪主義の台頭や戦争により中断してしまいますが、戦後再び、商社の駐在員や日本に駐留した英連邦軍の軍人・軍属との結婚により移住された日本人女性により、日本人の移住史が再開されます。

2015年の年頭の挨拶では、オーストラリアの日本人移住史を振り返り、シドニーに暮らす日本人として先達の苦闘に思いを馳せ、二世、三世の子どもたちに日本語をはじめ、日本の文化や伝統をどう継承していくのか、会員の皆さんとともに考えていきたいと述べましたが、昨年はチャッツウッドでの初の祭りの開催や、新しい日本語学校の開校など、大きく活動した年となりました。

今年もJCSでは、継承語教育を行なう日本語学校の運営をはじめ、親睦の会やコミュニティーネットが提供する高齢者サービス、踊りを通じて広くオーストラリア人に日本を印象づけるソーラン踊り隊のパフォーマンス、会の大事な目的のひとつであるチャリティー活動を担うレインボープロジェクトなどの活動を展開していきます。
特に2016年は、3.11の東日本大震災から5年目を迎えることから、JCSレインボープロジェクトによる、これまでよりも大きな祈念イベントを3月11・12日に予定しています。
もちろん、毎年恒例の七夕フェイトや忘年会、祭りの参加と、会員をはじめご家族、お友達を誘っての楽しい催しも、行なっていきます。

シドニーで最大の日系コミュニティ団体として、会員相互の親睦団体の枠を超えて、オーストラリア社会に根を下ろすエスニックコミュニティーとして、さらに大きく飛躍する団体でありたいと思います。そのためには会員の皆さんのご協力が欠かせません。積極的に会に働きかけて、皆さんとともに楽しい会を作っていきましょう。

2016年も、あせらず、怒らず、くよくよせずに、楽しく、笑って、頑張りすぎないようにしましょう。

高岡総領事
シドニー日本クラブ名誉会長
在シドニー日本国総領事 高岡 正人

新年明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

さて、2015年を振り返ると、多くのことがありました。直近では、マルコム・ターンブル首相が、ニュージーランドに次ぐ2カ国目の単独外遊先として日本を訪問しました。安倍総理との首脳会談では、日豪間の特別な戦略的パートナーシップが再確認されました。ここNSW州との間においても、5月にベアード州首相が、選挙後初の公式海外訪問として訪日し、東京都との間で覚書きを締結する等、関係は一層緊密化しています。経済面でも、1月に日豪EPAが発効され、さらに10月には環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の大筋合意と、両国間の経済関係は一層深まりました。他にも、11月の名古屋市・シドニー市間の姉妹都市関係35周年記念行事をはじめ、姉妹都市関係等の行事が盛んに行われましたし、12月には全日本空輸(株)による羽田・シドニー線が新たに就航し、日豪間の人的交流が一層活発化していくことが期待されます。

11月には、ダーリング・ハーバーで毎年恒例の「祭りin Sydney」が開催されました。当日は、大変盛況で、日本のあらゆる魅力を多くの来場者に堪能して頂けたのではないでしょうか。これはJCSの皆様をはじめ当地に在住されている関係者の活発な活動の賜物です。皆様の日頃からの日豪交流へのご貢献に対して、この場を借りまして、改めて感謝と敬意を表したいと思います。

NSW州の日本人コミュニティーは3万人を超え、多文化主義を推進するオーストラリアでも大きな存在です。在シドニー日本国総領事館としても、これからも当地において、日豪の友好関係をさらに強化させ、また日本の存在感を高めていければと思いますので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

最後に、新年が日本クラブの皆様にとって実り多き年となるよう、また、日豪両国にとって更なる発展の年となることを願いつつ、年初のご挨拶とさせていただきます。

Mizukoshi_2016
シドニー日本クラブ会長
水越有史郎

明けましておめでとうございます。
今年も会員の皆様が元気で毎日を有意義に過ごされることを願っています。

シドニー日本クラブ(JCS)は、多くの日本人が住むシドニーの日本人コミュニティ団体として、期待に応えられる活動を引き続き行っていきたいと思います。

2015年は、戦後70周年を迎え、またオーストラリアでは第一次世界大戦時のガリポリ上陸100周年でもあることから、さまざまなイベントやセミナー、展示会などで戦後を振り返る機会が多くありました。

ご存知のようにオーストラリアにおける日本人の移住史は、明治時代の木曜島やブルームでの真珠採取ダイバーや、クイーンズランド州のサトウキビ農園の労働者に始まります。その後、白豪主義の台頭や戦争により中断してしまいますが、戦後再び、商社の駐在員や日本に駐留した英連邦軍の軍人・軍属との結婚により移住された日本人女性により、日本人の移住史が再開されます。

2015年の年頭の挨拶では、オーストラリアの日本人移住史を振り返り、シドニーに暮らす日本人として先達の苦闘に思いを馳せ、二世、三世の子どもたちに日本語をはじめ、日本の文化や伝統をどう継承していくのか、会員の皆さんとともに考えていきたいと述べましたが、昨年はチャッツウッドでの初の祭りの開催や、新しい日本語学校の開校など、大きく活動した年となりました。

今年もJCSでは、継承語教育を行なう日本語学校の運営をはじめ、親睦の会やコミュニティーネットが提供する高齢者サービス、踊りを通じて広くオーストラリア人に日本を印象づけるソーラン踊り隊のパフォーマンス、会の大事な目的のひとつであるチャリティー活動を担うレインボープロジェクトなどの活動を展開していきます。
特に2016年は、3.11の東日本大震災から5年目を迎えることから、JCSレインボープロジェクトによる、これまでよりも大きな祈念イベントを3月11・12日に予定しています。
もちろん、毎年恒例の七夕フェイトや忘年会、祭りの参加と、会員をはじめご家族、お友達を誘っての楽しい催しも、行なっていきます。

シドニーで最大の日系コミュニティ団体として、会員相互の親睦団体の枠を超えて、オーストラリア社会に根を下ろすエスニックコミュニティーとして、さらに大きく飛躍する団体でありたいと思います。そのためには会員の皆さんのご協力が欠かせません。積極的に会に働きかけて、皆さんとともに楽しい会を作っていきましょう。

2016年も、あせらず、怒らず、くよくよせずに、楽しく、笑って、頑張りすぎないようにしましょう。

高岡総領事
シドニー日本クラブ名誉会長
在シドニー日本国総領事 高岡 正人

新年明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

さて、2015年を振り返ると、多くのことがありました。直近では、マルコム・ターンブル首相が、ニュージーランドに次ぐ2カ国目の単独外遊先として日本を訪問しました。安倍総理との首脳会談では、日豪間の特別な戦略的パートナーシップが再確認されました。ここNSW州との間においても、5月にベアード州首相が、選挙後初の公式海外訪問として訪日し、東京都との間で覚書きを締結する等、関係は一層緊密化しています。経済面でも、1月に日豪EPAが発効され、さらに10月には環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の大筋合意と、両国間の経済関係は一層深まりました。他にも、11月の名古屋市・シドニー市間の姉妹都市関係35周年記念行事をはじめ、姉妹都市関係等の行事が盛んに行われましたし、12月には全日本空輸(株)による羽田・シドニー線が新たに就航し、日豪間の人的交流が一層活発化していくことが期待されます。

11月には、ダーリング・ハーバーで毎年恒例の「祭りin Sydney」が開催されました。当日は、大変盛況で、日本のあらゆる魅力を多くの来場者に堪能して頂けたのではないでしょうか。これはJCSの皆様をはじめ当地に在住されている関係者の活発な活動の賜物です。皆様の日頃からの日豪交流へのご貢献に対して、この場を借りまして、改めて感謝と敬意を表したいと思います。

NSW州の日本人コミュニティーは3万人を超え、多文化主義を推進するオーストラリアでも大きな存在です。在シドニー日本国総領事館としても、これからも当地において、日豪の友好関係をさらに強化させ、また日本の存在感を高めていければと思いますので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

最後に、新年が日本クラブの皆様にとって実り多き年となるよう、また、日豪両国にとって更なる発展の年となることを願いつつ、年初のご挨拶とさせていただきます。

Mizukoshi_2016
シドニー日本クラブ会長
水越有史郎

明けましておめでとうございます。
今年も会員の皆様が元気で毎日を有意義に過ごされることを願っています。

シドニー日本クラブ(JCS)は、多くの日本人が住むシドニーの日本人コミュニティ団体として、期待に応えられる活動を引き続き行っていきたいと思います。

2015年は、戦後70周年を迎え、またオーストラリアでは第一次世界大戦時のガリポリ上陸100周年でもあることから、さまざまなイベントやセミナー、展示会などで戦後を振り返る機会が多くありました。

ご存知のようにオーストラリアにおける日本人の移住史は、明治時代の木曜島やブルームでの真珠採取ダイバーや、クイーンズランド州のサトウキビ農園の労働者に始まります。その後、白豪主義の台頭や戦争により中断してしまいますが、戦後再び、商社の駐在員や日本に駐留した英連邦軍の軍人・軍属との結婚により移住された日本人女性により、日本人の移住史が再開されます。

2015年の年頭の挨拶では、オーストラリアの日本人移住史を振り返り、シドニーに暮らす日本人として先達の苦闘に思いを馳せ、二世、三世の子どもたちに日本語をはじめ、日本の文化や伝統をどう継承していくのか、会員の皆さんとともに考えていきたいと述べましたが、昨年はチャッツウッドでの初の祭りの開催や、新しい日本語学校の開校など、大きく活動した年となりました。

今年もJCSでは、継承語教育を行なう日本語学校の運営をはじめ、親睦の会やコミュニティーネットが提供する高齢者サービス、踊りを通じて広くオーストラリア人に日本を印象づけるソーラン踊り隊のパフォーマンス、会の大事な目的のひとつであるチャリティー活動を担うレインボープロジェクトなどの活動を展開していきます。
特に2016年は、3.11の東日本大震災から5年目を迎えることから、JCSレインボープロジェクトによる、これまでよりも大きな祈念イベントを3月11・12日に予定しています。
もちろん、毎年恒例の七夕フェイトや忘年会、祭りの参加と、会員をはじめご家族、お友達を誘っての楽しい催しも、行なっていきます。

シドニーで最大の日系コミュニティ団体として、会員相互の親睦団体の枠を超えて、オーストラリア社会に根を下ろすエスニックコミュニティーとして、さらに大きく飛躍する団体でありたいと思います。そのためには会員の皆さんのご協力が欠かせません。積極的に会に働きかけて、皆さんとともに楽しい会を作っていきましょう。

2016年も、あせらず、怒らず、くよくよせずに、楽しく、笑って、頑張りすぎないようにしましょう。