シドニー日本クラブについて

シドニー日本クラブ(JCS)は1983年に創立された、日本人定住者を中心とした会です。特定の宗教や政治に影響されない非営利団体として活動しています。
日本クラブはボランティアによって運営され、日系家族間の親睦、日本文化の継承、在住他民族との相互理解の向上、そしてオーストラリア社会に貢献することを目的として、様々な懇親活動や広報活動、文化教育活動を行っています。
この目的達成のため、理事会、事務局、専門委員会(親睦の会、教育支援委員会、編集委員会)、および3つのクラブが、それぞれの担当分野で活動しています。
長年にわたる日本クラブの活動が評価され、2009年9月に日本政府より、外務大臣表彰を受けました。また、2012年には、チョーカー和子会長(当時)と宮下義夫元会長が、これまでのJCSでの活動を通して、日本とオーストラリアとの相互理解及び友好親善に寄与した功績が認められ、在シドニー日本国総領事館から総領事表彰を受けました。その後も、2016年の日豪友好条約40周年記念の総領事表彰では、JCS創立者の保坂佳秀初代会長と、東日本大震災の被災児童の支援を行なっているJCSレインボープロジェクトに、総領事表彰が授与されました。2018年7月には、シドニー日本クラブの日本語学校が、長年の日本語教育が評価されて総領事表彰を受けました。
現在の会員数は約350世帯です。
JCSは基本的に定住者(日・豪両国籍を含む)の互助・親睦組織ですが、クラブの趣旨に賛同する方なら人種やビザの種類を問わず誰でも会員になれます。
入会はこちらから問い合わせください。

FAQ

一般の方からの質問のうち、よく寄せられる質問とその回答をまとめました。

(1) JCSにはどんな人が入会していますか?
会員の中心は日本人の永住者です。最近は国際結婚された方が多いようです。配偶者のオーストラリア人や子どもたちも会員になっています。ワーキングホリデーや学生など、一時滞在者の方でも入会できます。
(2) JCSではどんな活動をしていますか?
会の目的である、日系家族間の親睦、日本文化の継承、他民族との相互理解の促進を進めるため、様々な活動を行っています。各種クラブ活動や、チャリティー活動、祭りの開催などイベントの主催、日本語学校の運営、そのほか日豪交流につながる活動などがあります。
(3) 入会するとどんなサポートが受けられますか?
高齢者のケアを目的としたコミュニティーネットによるサポートや、各種イベントやセミナーによる子どもと親のサポート、日本語学校による子どもたちの日本語学習サポートなどがあります。
(4) 会員特典などがありますか?
会員には、会報誌「JCSだより」(電子版)が配布されます。また、会員特典サービス協賛会社の各種サービスを、会員割引料金で受けることができます。そのほか、主催イベントに無料または割引料金にて参加することができます。
(5) 入会するには会費を払うのですか?
入会する際に、入会金と年会費をお支払いください。入会金は33ドル、年会費は70ドルです。(GST込み。 2018年7月現在)
※会報誌「JCSだより」の印刷版をご希望の方は、郵送・手数料として別途10ドル(年間)をお支払いください。なお、電子版(カラー)はJCSのサイトからダウンロードできます。
年度は毎年1月から12月の1年間で、入会が年度の途中でも入会金と年会費全額をお支払いただきます。ただし、11月または12月に入会の場合は、入会金と翌年度の年会費のみお支払いただきます。
入会

アーカイブ

JCSだより