イベント報告

第3回ウィロビー日本祭り大盛況!

今年で第3回となるシドニー北部での日本の祭り「 Matsuri Japan Festival in Willoughby 2017」を9月9日(土)チャツウッドモールで開催しました。

当日は晴天に恵まれて多くの観客が集まりました。まず、この日の選挙で再選を果たしたゲイル=ウィロビー市長、竹若シドニー総領事、主催者を代表して平野JCS副会長の出席でオープニングセレモニーが行われ、鏡割りで祭りが開会しました。

昨年より屋台も増え終日賑やかなお祭り日となりました。ステージパフォーマンスには立錐の余地もないほど多くの観客が詰めかけて、皆さん大いに楽しんでいました。

当日の祭りの動画は、こちら

なお、恒例のダーリングハーバーの日本の祭りは、12月9日(土)にダーリングハーバーのTumbalong Parkで開催します。みなさんご家族連れでぜひお越しください。

日本の祭り チャツウッドで開催

日時:9月9日(土)11時〜18時
場所:Chatswood Mall, Chatswood

チャッツウッド駅前の遊歩道を会場に、日本のお祭り「Matsuri Japan Festival in Willoughby 2017」を開催します。ウィロビーカウンシルの協力を得た、JCS主催のお祭りです。皆さんご家族連れでお出かけください。

日本食の屋台や、日本文化紹介ブース、和太鼓演奏、バンド演奏、盆踊り、ソーラン踊り隊、子どもたちのチアリーディングなどの舞台パフォーマンスが楽しめます。

今年も大盛況だったJCSフェイト!

7月8日(土)に、今年もオーバンのピクニックエリアで開催されたJCSフェイトに昨年以上の参加者、約500人近くが集まり、楽しい土曜日を過ごすことができました!
プログラムでは、水越会長の開会の言葉に始まり、ラジオ体操、よさこいソーラン、紙芝居、二つのチアリーディング、QP☆ハニーのパフォーマンス等々をみなさん楽しんで下さいました。
お店も全てのテーブルが埋まる大盛況で、みなさん、沢山の買い物を楽しんでいました。JCS本部もソーセージシズル、たこ焼き等で900ドルの売り上げを記録!最後は子どもから大人まで参加して、綱引きが行われ、みなさん熱の入った応援を繰り広げました。
みなさん、また来年のフェイトでお会いしましょう。

JCSフェイトは7月8日(土)開催

毎年恒例のシドニー日本クラブ(JCS)のフェイトが、今年は7月8日(土)に開催されます。場所はいつもの、オーバ ンの日本庭園があるAuburn Community Picnic Areaです。

今年も午前11時から午後3時まで、ソーセージシズルやたこ焼きをはじめ、各種食べ物屋台や古本や小物販売のほか、紙芝居や綱引き・玉入れなど のゲーム、子どもたちによるチアリーディングやQP☆Honey!の歌、よさこいソーランの踊りなど、エンターテインメントが盛りだくさんのイベントです。

日程:2017年7月8日(土)※スクールホリデー中
時間:11:00am〜3:00pm(出店者は10時集合)
場所:The Auburn Community Picnic Area(駐車場入口はKilleen Streetから)
●会場送迎バス
Chatswoodを10時出発。会場到着後、Auburn駅からも送迎あり。帰りは会場を3時出発。

●フェイトにてストール(屋台)出店を募集中!

売る物は食べ物、飲み物、和風小物、古着、古本など何でもOK。ストール出店を希望の方はJCS事務局まで連絡ください。
お申込・お問い合わせ:
JCS事務局 [email protected]
または、0421-776-052 まで。

クリーンアップオーストラリアに参加

日本クラブでは毎年恒例のクリーンアップ・オーストラリアに、3月5日(日)、日本人会の会員の方と一緒に参加しました。クリーンアップ・オーストラリアはオーストラリア最大の環境美化のボランティア活動です。今回もレーンコーブ国立公園の清掃活動を行いました。

午前9時までに公園入り口に参加者が集まり、竹若総領事、笠原日本人会レクリエーション委員長、水越日本クラブ会長からの挨拶があり、注意事項等が告げられました。今年の会場には、このクリーンアップ・オーストラリアの創設者であるイアン・キーナン氏が現れるというハプニングがあり、日本人コミュニティーのイベントに一言挨拶を頂きました。1989年にイアンさんがはじめた運動が、今日ではオーストラリアはもちろん世界各国に拡がり、Clean Up the Worldとして世界130カ国、4,000万人が参加するまでになりました。

今回参加した135人の大人から子どもたちは、雨模様の天候にもかかわらず、各自が思い思いに公園の中や周辺道路のゴミ集めに汗を流しました。約2時間の清掃活動後は、公園内でBBQを楽しみました。

JCSからは、水越会長、渡部副会長の家族、藤田事務局長と娘さん、ジョアネス理事と娘さん、水野相談役の11人が参加しました。来年のイベントには、是非多くの会員の方の参加を願っています。

ウィロビーレジャーセンターオープンデー

ウィロビーレジャーセンター(Willoughby Leisure Centre)では、2017年ウィロビーシニアフェスティバル期間中、無料の様々な健康・フィットネスイベントを開催致します。

シニアフェスティバル 2017年3月8日(水)8am〜1pm
8am & 8.45am ディープ・アクア(Deep Aqua)
8.30am ズンバ(Zumba)
9.30am ディープ・アクア*(Deep Aqua)
9.30am スピン/サイクル(Spin/Cycle)
10.30am スピン/サイクル*(Spin/Cycle)(入門クラス)
10.30am ピラティス(Pilates)
11.30am 太極拳/気功
11.30am シニア・サーキット(Senior Circuit)
12pm シニア・サーキット*(Senior Circuit)
12pm シニア向け水泳レッスン
*NSWシニア週間の追加クラスです。

シニアカード保持者は特別なグループフィットネスクラスと水泳フィットネスクラスにご参加頂けます。ミニエキスポでは、地域の物理療法士またはコミュニティサービス提供者がレジャーセンターのサービスや製品についてご説明致します。
3月8日にウィロビーレジャーセンターシニア会員権をご購入頂けます。入会金は不要となり、1カ月間無料でご参加頂けます。

予約および詳細情報
Willoughby Leisure Centre, Small Street, Willoughby
電話:9958-5799
メール:[email protected]
www.willoughby.nsw.gov.au

Matsuri Japan Festival 2016大盛況!

12月10日(土)に開催された Matsuri Japan Festival 2016 は、晴天に恵まれ、過去最高の約3万人の入場者が日本のお祭りを楽しみました。

シドニー日本クラブでは、毎年、ワークショップや本部ブースの運営のお手伝いをしていますが、浴衣の販売や金魚すくいも行なっており、今年の祭りでは昨年以上の売上を記録しました。

Matsuri 2016_1
Matsuri 2016_5   Matsuri 2016_6   Matsuri 2016_7   Matsuri 2016_8
Matsuri 2016_4  Matsuri 2016_10
Matsuri 2016_2  Matsuri 2016_9

会員特典 日本食の年末セール

JCS-JTT_Sep2016

第2回ウィロビー日本祭り大盛況!

2016年9月17日、チャッツウッド駅前の遊歩道を会場に、日本のお祭り「Matsuri in Willoughby 2016」を開催しました。昨年に続いて2回目となるこのお祭りは、ウィロビーカウンシルの協力を得て、シドニー日本クラブが主催するお祭りです。
当日は晴天の下、カップルやお子様連れのご家族など多くの方で祭りは大盛況でした!

このお祭りは、毎年12月に市内ダーリングハーバーで催される日本の祭りの地域版で、ミニ日本の祭りです。日本食の屋台をはじめ、浴衣販売、金魚やヨーヨー釣りのゲーム、お茶に生け花、習字や折り紙の日本文化紹介のワークショップ、太鼓演奏、空手の演舞、よさこいソーラン踊り、バンド演奏などの舞台パフォーマンスが楽しめます。最後は観客と一緒に楽しく盆踊りを踊りました。

祭りの動画はこちら→ https://www.youtube.com/watch?v=XgmZXdLAKYE

DSCF0159 DSCF0157
DSCF0185 DSCF0154
DSCF0190 DSCF0315
DSCF0272 DSCF0291

保坂氏とレインボープロジェクト、祭りが総領事表彰を受賞!

在シドニー日本国総領事館では、今年2016年が、1976年に日豪間で署名された「日豪友好協力基本条約」から40年を迎えることから、条約署名40周年を記念して、日本文化の普及、日本語の指導及び日豪交流の促進等の分野において長年にわたり貢献されている個人・団体の功績を称え、総領事表彰を授与することになり、このほど授与式が、7月15日(金)、総領事公邸にて行なわれました。

シドニー日本クラブからは、創立者で初代会長の保坂佳秀氏とJCSレインボープロジェクトが表彰されました。また、JCSとして長年、その運営と開催に中心的に関わってきたMatsuri in Sydneyも表彰され、授与式にはJCSの理事を含め関係者が多数参加しました。

高岡総領事は、「日本文化の普及に情熱を持って努められている皆さんの活動に敬意を表します」と語られ、各氏・団体の功績を称えて一人ひとりに表彰状を授与され、参加者とともにその活動を称えられました。

この総領事表彰は、日本とオーストラリアの相互理解の促進及び親善の深化に大きく貢献された個人及び団体について、その功績を称えることを目的としたもので、これまでに多くの在豪日本人やオーストラリア人が表彰されています。JCSでは宮下義夫元会長、チョーカー和子前会長も受賞されています。

保坂夫妻 保坂氏とシドニー日本クラブの皆さん
高岡総領事と保坂夫妻(左)保坂夫妻を囲むJCS理事らと総領事

JCSレインボープロジェクト
JCSレインボープロジェクトの皆さん

Matsuri in Sydney Inc
祭りの運営委員の皆さん

授賞者の皆さん
高岡総領事と授賞者の皆さん

以下は、総領事館より発表された今回の受賞者と受賞理由です。

1.個人
(1)尾辻恵美(シドニー工科大学シニア・レクチャラー)
2002年からシドニー工科大学において日本語の指導及び多言語文化教育を研究されている。また、JETプログラムの面接官としての役割をはじめ同プログラムの推進に協力されている。
(2)中野邦子(小原流シドニー支部教師)
1992年から約25年間に亘りシドニーを拠点に生け花の普及に貢献されている。また、流派を超えて活動され、広く生け花に触れる機会を提供されている。
(3)ファーズ・みどり(折り紙アーティスト)
2010年からシドニーを中心に折り紙に関する様々なイベントを主催され、オーストラリアにおける折り紙の普及に貢献されている。
(4)保坂佳秀(シドニー日本クラブ初代会長)
1983年にシドニー日本クラブを創設され、初代会長としてシドニーの日本人コミュニティの発展に貢献された。
(5)ジェラルド・マクドナルド(鯉ソサエティ・オーストラリア会長)
1995年より鯉ソサエティ・オーストラリアの活動に参加され、長年に亘りオーストラリアでの錦鯉の普及に貢献されている。
(6)矢野仁(書家)
1996年より、シドニーを拠点に書道に関する様々な活動を通じて書道の普及に貢献されている。
(7)ロウィーナ・ウォード(ウロンゴン大学シニア・レクチャラー)
2008年より、ウロンゴン大学において日本語の指導をされている。また、作文コンテストの審査員及びJETプログラムの面接官等をはじめとしてオーストラリア人学生の対日関心の増進に協力されている。

2.団体(50音順)
(1)JCSレインボープロジェクト
2011年に東日本大震災の被災児童の支援を目的に設立され、被災児童をシドニーに招待する交流プログラムやチャリティーイベントを実施されている。
(2)NSW JET Alumni Association
JETプログラム参加者で結成され、約30年間に亘り、同プログラムの募集・面接などでの協力、また、その他様々な日豪交流イベントを開催されている。
(3)Matsuri in Sydney Inc.
2006年より、10年間に亘り毎年、日豪市民の交流の場、日本文化紹介の場として、「祭り(2011年以降は「Matsuri in Sydney」)を開催されている。
(4)和太鼓りんどうシドニー支部
2009年に設立されて以来、シドニーを拠点に様々なイベントに参加され、和太鼓の普及に貢献されている。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 Next